園の教育理念と方針

教育理念

 「世界的視野に立った質の高い実践教育と保護者に信頼される育児システムを提供する」
国際社会人の基礎を育成するため、世界的多様な価値観を踏まえた品質の高い実践教育を行い、
子どもに必要とされるあやゆる育児システムを提供して保護者の信頼を得る。

教育方針

「保護者の協力を得て、多くの良質な体験を通して自信を持たせ、園児個々の成長目標を達成する」
保護者の理解と協力を得て、多くの良質体験を重ねることで自信を持たせ、国際社会人としての基礎を培う衣笠幼稚園5領域30項目と園児個々の成長目標を達成する。

バランスのとれた国際社会人の育成を目指して

衣笠幼稚園は、3歳児・4歳児・5歳児までの一貫した教育カリキュラムから多彩な良質体験ときぬがさ独自の5つの領域30項目の具体的な成長を設定し、ISO9001(国際標準品質規格)のもとに展開しています。

国際社会性

  

幼児期の生きた経験が築く、“自信”Self-confidenceは人生の核

自信が人生にどれほど大切かは言うまでもありません。幼児期に培われる自信が人生を乗り切る意欲の核になります。幼児期の良質体験(努力して我慢してやっと出来た時の達成感・充実感)から生まれた自信が次の更なる体験への挑戦意欲を生み、その体験がまた一回り大きな自信となっていくのです。

個性について

子どもたちの成長と共に国会社会人として大切なのが個性です。その色や形、あるいは大きさは個々それぞれ皆違います。自分で決めて責任を持つ、真剣に悩み決めるといった多くの選択機会の経験から一人一人の個性が育まれます。そしてこの経験を通して、子どもたちは、お互いの選択と個性を認め合うようになります。