園の特徴

ISO9001認証取得

国際標準化機構(ISO:international Organization for Standardization)による品質システムに関する国際標準規格で、質の高い製品やサービスを提供できるシステムを保証する国際認証制度です。

衣笠幼稚園では、国内の幼児教育分野では初めて ISO9001 を認証取得しました。これは、一定の資質を持って保育できるようにあらゆる方向から仕組みが出来ているということなのです。子ども一人ひとりに応じた具体的な課題を設定し、園と保護者が協力して、ひとつずつ確実に成長課題を達成していく仕組みです。子ども一人ひとりの心と体の成長や個性を、責任ある複数の目で把握し、客観的な視点で育てていきます。

天然芝

天然芝生の上で、子どもが安心して思いっきり走り体を動かせる活動は、運動能力の高上に目を見張る効果を表します。芝生に寝そべったり、転げまわったりしながら自然の土と草を感じ、生きた芝生への労わりは草や虫から生命のかけがえなさを学びます。

安田式移動遊具

危険予知能力と危険処理能力を育む上で、本格的な運動力は重要な要素です。よじ登る、移る、くぐる、降りる、すり抜ける、ぶら下がる、滑る、降る、回る、跳ぶ、跳び越すといったような子どもたちの本能的な運動能力は、バランスのとれた身体に育っていく遊びを経験しながら体得されます。大人が与える遊びではなく、子どもが自ら発見。工夫し、楽しむ遊びを展開できる遊具を取り入れることによって、遊びから知能の発達と本能的な運動能力の向上を図ります。

01(ゼロワン)指導法

「繰り返させれば子どもは覚える」と言った間違った考えで子どもたちにストレスを与えてはなりません。何かを教える時の保育者は「子どもの興味と意欲を湧かせ、集中力を高め、効率的な成果を成果得ため、子どもたちに理解しやすい精選された言葉と方法を用いなければなりません。」保育者を疑わない子どもへの大人の慢心がご都合主義を生むのです。これが保育者の陥りやすい不誠実な落とし穴です。私たちは子どもに達に対して専門職として誠実な保育者であり続けなければなりません。この考え方が「01指導法」であり、心がければ自然体で誠実な保育者になります。このような思想は、特に正誤の明確な音楽面で表れます。衣笠はこの01指導法で子どもたちに楽器演奏を体得させ、一人もこぼれることなく、大人たちが感動する演奏発表の体験により、心の底から湧出する“自信”を形成します。

プール

屋上プールと「スイトピア」の温水プールで一年間遊びながら水泳指導をします。担任が一緒に入水しますので安心して水に慣れていきます。

徒歩遠足

恵まれた自然環境を生かし、衣笠山の山登り、仁和寺、八十八ヵ所などを通して、四季折々の試練を体験していきます。

ビュッフェランチ

毎日のランチはビュッフェ形式の温かい食事を厨房より提供致します。ビュッフェは周りのことも考えながら、自分で食べる分だけを取ります。取った分は残さず食べるという個々の決断と責任を自然に伸ばす機会の一つになります。また、ランチルームでは異年齢の子どもたちの係わりの中で、マナーやいたわりの気持ちを育む大切な場ともなります。

*アレルギー食については、個別面談の上、対応致します。

お誕生会

私たちは、子どもの選択・決断に対し、尊厳をもって受け止めなければなりません。お誕生月の子どもは、自分の一番大切な宝物をお友達に紹介します。おもちゃ・ぬいぐるみや貝殻、小石、自転車もありました。可愛がってるペットや抜けた歯、あやとり、初めてもらった賞状、小さな弟妹の赤ちゃんを連れてきた園児もいました。子ども自身、自分で宝物を決める経験を通して、お互いの個性を認め合い、話を聞くマナーを身につけます。

セキュリティー

衣笠幼稚園では、併設の保育園・児童館を含むセキュリティー保持の為、常時電子式ロック式の門扉になっております。職員は全員、実行力のある防犯・防災訓練をしています。

救急対応

職員全員が、最新の救急方法を実習させるLSO(Life Saving Organization)の講習を2年ごとに受けて、有効なライセンスを所持しています。

個別送迎

ご自宅の玄関前まで園の女性ドライバーが小型車で送迎する制度です。赤ちゃんのおられる家庭、介護されている家庭、送迎バス範囲外の方などに大変喜ばれております。 詳しくは職員にお尋ね下さい。