先生からのちょっと聞いて


私は、4月から衣笠幼稚園の先生になりました。

梶谷瞳


昨年度までは衣笠こども園で子どもたちとたくさん遊んでいたのですが、今年度からは幼稚園の先生です。

不安はあったものの、これからどんなことがあるのだろうとワクワクしていました。

そして、ゆりぐみがスタート。

まだ、3ヶ月しか経っていないですが、子どもたち一人ひとりがかわいくて仕方ありません(^-^)

そんな子どもたちと今年度やりたいことがあります

それは、『季節を感じられることをたくさんする!!』です。

子どもの心ってすごくきれいなものなんです。

例えば、雨が降っていたら、私達大人は、雨に濡れるし嫌だなーという気持ちになりますよね。

けれど、子どもは、『葉っぱが雨食べてるね』、『神様が泣いてる』って、いうような発想になるんです。

こんなことを思えるって素敵ですよね。

大人が憂鬱なことも、子どもは、楽しくしてしまうんです。

私は、まだ、幼稚園にきて3ヶ月ですが、こんな素敵な子どもたちと過ごせてすごく楽しいです。

これまでに、トマトの観察をしたり、氷を部屋の中、戸外においてどっちが先に、どれくらいで溶けるのかという実験をしてみたり、アリを部屋に解き放ち、蟻の行くままについていったりしました。

色んな感想、考えが次々とでてきましたよ。

こんな感じで、日々の中で季節を感じられることをたくさんしていきたいと思っています。

これから、どんな楽しいことが待っているか、もうすでに、ワクワクしています。

みなさんも、子どもたちの一言一言に耳を傾けてみてくださいね。

「諦めない気持ち」

大塚 絵梨


進級されて、もう3か月が経ちました。

ついこの間、赤組さんになったと思ったら、もうあと1か月で夏休みです!

月日が過ぎるのは、本当に早いですね。

今の赤組さんの半分の子どもたちとは、ひまわり組の時も一緒に過ごさせてもらい、ひまわり組さんの時とは違い、お兄ちゃん・お姉ちゃんという意識が強くなり、小さなお友だちの手を取ってあげ、助けてあげている姿をよく見るようになりました。

とても頼もしくなったなと日々感じています(^^)

そして、5月からは、ずっと憧れていた鍵盤ハーモニカが始まり、音を出すたびに、「うわ~☆」とキラキラした笑顔で吹いている姿を見ると、こちらまで嬉しい気持ちになります。始めは、指を上手に動かすことに苦戦していた子どもたちですが、毎日諦めずに練習をしていると、だんだん上手に指が動くようになってきて、いろいろなことを吹けるようになっていくと、「もっとやりたーい!」という嬉しい声が飛び交うようになりました。これからもいろいろなメロディを吹いて、楽しく鍵盤ハーモニカをやっていきたいと思います♪

また、外遊びでは、のぼり棒にも挑戦しています!!白組のお兄ちゃんやお姉ちゃんから登るコツを教えてもらいながら、日々頑張って練習しています(^^)

「できるかな~・・・」と不安な思いを持ちながらも、何回も何回も練習して、目標のところまでいけたときの子どもたちの笑顔は、本当に素敵で、すごく感動しました!

そして、登れた時は、ギューっとハグをして一緒に喜んでいます!!!

「できないかもしれない」という気持ちを持つのではなく、「絶対できるぞ!」「諦めない!」という気持ち持っていくことが大切だなと感じました!

この1年で、「諦めなかったら、できるんだ!」ということを伝えながら、子どもたちと過ごしていきたいと思います☆

「方言」

政近 彩


方言って面白い!!と、最近ふと思いました。

衣笠幼稚園の子ども達も、「~したねん!」「~しはるの?」と、しっかりと京都弁を言う姿に、かわいいなあと微笑ましく感じます。

私は広島で育ち、18歳の時に大学進学のために京都に来たのですが、広島弁が通じない事に、とても驚いた思い出があります。

そこで今回は、少し変わった広島弁をいくつかご紹介させて頂きます!!

・~せにゃならんよ    →   ~しないといけないよ

・あおじ         →   あざ

・すいばり        →   ささくれ

・たう          →   とどく

・たわん         →   とどかない

・はぶてる        →   ふてくされる

・ぶち          →   とても

・たちまち        →   とりあえず

同じ日本なのに、地方によって言葉が違うのって、何だか面白いですよね!!!

これからも、子ども達のパワフルな京都弁を聞きながら、毎日楽しく元気よく過ごしていきたいと思います!!!!

「出会いと別れの季節」

渡辺 真記


今年の3月に1年間を共に過ごしてきた子ども達を小学校へと送り出しました。

そんな子ども達と過ごす中には私自身が沢山感じた事そして勉強させて頂けた1年となりました。衣笠幼稚園の子ども達は自分で目標を持ち一生懸命取り組む姿が一人ひとりにあり、時にはお友達関係で上手くいかなく涙を流す日があったり、勝ち負けで悔しい思いをしたりと5年しか生きていない子ども達なのに幼稚園での姿は大人も負けているくらい凄い力を持っている事を先生になり皆から教えて貰っています。

卒園が近づいてくると、一人ひとりの顔を見ると頑張ってきた姿が蘇ると共に、日々全力で子ども達に向き合い協力してきた先生との時間も無くなると思うと込み上げてくる思いが沢山ありました。人との出会いって本当に素敵だなと改めて感じさせて貰う1年になり私の人生の宝物になる年でした^ ^

今は違う場所で頑張っている皆の話を保護者の方から伺う機会があり、小学校の通学でクタクタになりながら通ってる子ども達の様子を聞くと私も頑張らないとと、背中を押して貰う気持ちになります。新たな場所で新しい出会いのもとに活躍される事を心より応援しています。

今年も幼稚園生活最後を締め括る年長組という子ども達の担任をさせて貰う事ができ嬉しい気持ちでいっぱいです。

まだ1ヶ月しか経っていませんが子ども達と過ごす時間を大切に一人ひとりと向き合い楽しい1年を送らせて貰いますね(^ ^)

『申からのスタート!!』

原口 朋美


新年あけましておめでとうございます。
今年も元気に頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。
まずは、正月太りを解消させて、機敏に動けるようにせねば!と思いながらも、さすがにちょっとやそっとでは解決しない年齢になってしまいました・・・
そう、12年前のあの頃は若かった~♪
申年のお正月を過ぎた頃、初めてのつわりを経験し、第一子を授かりました。
幸せいっぱいのマタニティライフは、マタニティスイミングや、マタニティエアロなど、お腹の赤ちゃんと共にいろんな事を経験して楽しみました!
そして、夏には超安産で出産!ここから私の子育てがスタートしました。
それまで、幼児クラスばかりを担任していた為、初めての赤ちゃんのお世話は本当に大変で失敗の連続。抱っこが大好きで、降ろすとすぐ泣き、何度「この右腕が取り外し可能だったらな~」と思ったことでしょう・・・日に日に大きくなっていく泣き声「赤ちゃんは泣くのが仕事だから大丈夫!」と言われても『そんなこと言われても・・・』と、何が大丈夫かわからない日々もありました。
それでも、近所の先輩ママや、友達、そして母に支えられて、少しずつ『お母さん』になれたんでしょうね~ ホントに感謝しています。

そして、再びめぐってきました申年!長女も春から6年生!小学校ラストの1年となってしまいました。12年間本当に大変な事も多かったけれど、振り返ると嬉しくて、楽しくて、幸せをたくさん感じさせてくれた、かけがえのない日々でした。

新年のスタート!あらためて、子ども達の成長を噛みしめて日々を過ごしたいと思います。
そして、3人の我が子達が教えてくれた、『HAPPY子育てスキル』を衣笠でもいっぱい広めていきたいと思います!!

「やりたいことリスト」

安部 なつみ


はじめまして 安部なつみと申します。
衣笠幼稚園に来て一年目で、ピアノもまだまだ未熟ですが…
ピアノに合わせて、楽しそうに歌ってくれる、ひまわり組さんの姿を見るのが一番の幸せです。
そんな、ひまわり組さんと過ごせるのも、今年も残り少しとなりました。みなさん今年やり残したことはありませんか?
大学時代の先生に「やりたいこと(夢)リスト」を教えて頂き、毎年やりたいことを書き上げるようにしています。
・パラセーリングをする ・仕事帰りに銭湯に行く など
小さいことから
・英語の勉強をはじめる!……アリシアが私の先生です(笑)
・南極大陸を除く6大陸に上陸……残り2大陸!
と大きな目標まで好きなことを好きなだけ書きます。

今年は先生になったことで、子ども達と一緒にしたいこともいっぱい書きました!いくつ達成できたかなぁ、と振り返る今日この頃です。
久々に振り返ると、達成できたこともあれば、努力していないと叶っていないこともあるのですが、、、、、、
友人に私の、やりたいことを話すと「そんな無茶苦茶な・・」と言われることもありますが(笑)結局、力を貸してくれる心優しい友人たちのおかげで、今年も思いっきり楽しめたように思います!

子ども達も、たくさんの、やりたいこと・夢を話してくれます。
「バスでおでかけしたい!」「どんぐりを、おうちの人にも見せてあげたい!」
「エルサになりたい!」などなど…♪
今度は、私が子ども達のやりたいことや夢に力を貸す番です!
その中で、夢をみることや、夢を叶える楽しさを子ども達と共に感じていけたらと思っています。やりたいことを、一緒に叶えていこうね!

「息子」

森 智香


二年前のクリスマスに、息子を出産しました。
妊娠初期に出血が続き、いつ流れてもおかしくない状態でした。
なんとか持ちこたえて、いざ出産。
でも、出産も帝王切開で私の出血が3リットルあり、危険な状態。
そして、息子も時々呼吸をしないと言うことで、緊急入院しました。
とても不安な日々を過ごしたことを覚えています。
現在、息子は健康でスクスク育っていますが、夜中に息をしているか、未だに確認してしまいます。
小さい寝息をたてて、天使のように寝ていると、本当に安心して、幸せを感じます。
一人っ子なので、大切に育て、どんな瞬間でも記憶していたいと思って、一瞬一瞬を大事にしています。
(でも、すぐに忘れてしまうのですが。。。)

そんな息子も、第一次反抗期真っ只中!何でもかんでも、イヤイヤ!と言っています。

手強さを感じながら、反抗の一つ一つに面白さを感じて接しています。
当然、たまにはイライラしてしまうこともありますが(笑)

最近は、色んな言葉が出てきて、面白さが増しました!
「おみも(おいも)」「まみ(まめ)」「あきてぃ(あけてー)」「ないにー(ないねー)」

「もう!ママ、めっ!」「ママ、ぺん!」etc.etc.
笑えるのは、おじいちゃんとの会話です。息子が「おいしいねー」と言うと、耳の遠いおじいちゃんが「大きいなー」と返します。
何一つ噛み合ってないのに、二人はニコニコ喋っています(笑)

まだまだ新米ママですが、楽しみながら、子育てを頑張りたいと思っています!
子育ての経験を最高の武器として、保育にもいかし、頑張ります!!

「秋が一番大好きです!」

安達美樹


色んな季節の中で私は、秋が一番大好きです!
澄んだ朝の空気に、綺麗な紅葉、ゆっくり流れる時間の中で読む本、そして何より美味しい食べ物がたくさん溢れる、この季節は、私の待ち遠しい季節です。
献立表を眺めながら、「今日は、〇〇があるよ!!!」と子どもたち以上にランチの時間を楽しみにしています ( 笑 )
美味しい物を、だいすきな子どもたちと「美味しいね」なんて言いながら食べられるランチの時間がいつも楽しみで、幸せな時間です。

そして、もうすぐ劇遊び発表会ですね。子ども達が色々な役になりっきって練習している姿は、もう役者さんみたいです。可愛いお歌や可愛い演技の中にも真剣な表情が見られる子ども達の劇を楽しみにしていて下さいね!!

「健康祭!!!」 

藤井 美華


いつのまにか夏も終わり、朝晩は肌寒くなってきましたが、子どもたちは毎日元気いっぱい「おはようございます」と登園してきてくれます。
さて、今年は大型連休シルバーウィークがありました。私は小学生ぶりに広島旅行に行ってきました。しまなみ海道はとても綺麗な景色で、広島名物をたくさん食べ、愛媛では道後温泉に入りました。8時間の渋滞の中帰って来ましたが、休みはやっぱり外に出掛けて楽しみたいです!!!
そして子ども達もシルバーウィークの思い出話をたくさんしてくれました。シルバーウィークでたくさん遊んで、さらに元気満々、ニコニコの子ども達です。
シルバーウィーク明けはいよいよ健康祭!!!緑組の子ども達は、4月から遊びの中で取り組んでいたグージャンプや鉄棒、玉入れをします。4月当初は、高さのないテープなどを蛇に見立てて当たらないようにジャンプしたり、玉に可愛い名前をつけて遊んでいた子ども達ですが、今では“絶対当たらない”と真剣な表情が見られたり、“どこから投げたらカゴに入るだろう”と自分で考える姿が見られます。予行では、赤組さんの竹のぼりや、白組さんの組体操を見て、「かっこいい」「私も早くしたい!!」と目をキラキラさせて見ていました。子供たちは、自分より年上のお友だちを見てさらに成長していくんだろうなあと感じました。

健康祭では、可愛い中にも真剣な表情がたくさん見られると思います。楽しみにしておいて下さいね!!!
そして子ども達の一生懸命な姿をぜひ応援してあげて下さい。

「夏休み」

政近 彩


 長い夏休みが終わり、子ども達は元気いっぱいに登園してきてくれています。
キラキラとした目で夏休みの思い出をお話ししてくれる子ども達の姿から
「本当に楽しい夏休みだったんだな~!!」と感じます。

 私の趣味は旅行なのですが、夏休みを利用してヨーロッパへ行った事があります。
ドイツ、オランダ、ベルギー、フランス、イギリスと行きましたが、
どこの国も街並みや雰囲気が素晴らしいですし、ごはんがおいしいですね!
いろいろな観光地に行き、おいしい物を食べ、1日中歩き周る私ですが、絶対に外せない事が”芝生探し“です!
芝生にシートを敷き、時間を忘れてお話をしたり読書をしたり、寝たりする事が大好きなので、“芝生探し”は欠かせません!!

 そして海外に行って特に驚く事が、現地の人々の“親切さ”です。
道に迷っていたら、必死になって探してくれて、それでも分からなければその場所まで連れて行ってくれます。そして見つけた時には自分の事のように喜んでくれるのです。
そのような事が自然に出来る事に「すごいな!」と思う一方で、私自身もそのような人になりたいと感じました。

たくさんの素敵な出会いがあり、現地にはたくさんの友人が出来ました。
機会があればまたヨーロッパへ行き、友人達に会えたらなと思います。