先生からのちょっと聞いて


「梅雨→夏」

梶谷 瞳


こんにちは。
今年は梅雨に入ったと思ったら、まだ数回ほどしか雨が降っていませんね。
さて、梅雨は雨が降って、じめじめして嫌な季節だな~と思っている方が多いかもしれません。
私もその中の一人です。ですが、梅雨の季節に毎年楽しみな事があります。
それは、『あじさい』の花を見る事です。私の幼稚園に行くまでの道にあじさいが咲いている場所があります。
そのあじさいは初めは白い花を咲かせるのですが、日が経つごとに綺麗なピンク、水色、黄色などの色をつけます。
それがとってもきれいで、毎日そのあじさいの変化を見る事をすごく楽しみにしています。
そんな嫌な季節もこういったちょっとした楽しみを見つけて楽しんでいます。
 
 そして、梅雨が終われば・・・夏!!!私は夏が1年の中で一番好きです。
プール、海、花火にすいか!!ウキウキしますよね。
私は汗かきで、滴り落ちるくらい一日中汗をかいていますが、いろんな行事があるので大好きです。
これから夏に近づいていくのですごく楽しみです。

みなさんはどんな夏休みを過ごさせますか?

「お外遊び大好き」

大塚 絵梨


新しいクラスが始まり、あっという間に3か月が経ちました。
子どもたちは、クラスのお友達や先生に慣れ、とっても賑やかで明るく元気に毎日を過ごしています。
もも組の子どもたちは、お外で遊ぶ事が大好きです!

毎日「今日も外行く?」「行くよー!」「やったーーーーー!」と大喜びの子どもたち!
5月からは、綺麗な芝生にも入れるようになり、たくさん走ったり、ゴロゴロ転がってみたりと、毎日のお外遊びを楽しんでいます。

そして、5月から登り棒も始めました。始めは、「怖いなー」と思っていた子どもたちですが、登り棒についているテープを果物に見立てて登ると、スイスイ登れるようになってきました!黄色はバナナ、青はブドウ、緑はスイカ、赤はリンゴとし、「じゃあリンゴ取ってくるねー」と張り切って登り、「はい、リンゴ!」とニコニコ笑顔で渡す真似をしてくれ、とっても可愛いです!
登り棒ができるようになった時の自信に満ち溢れた笑顔は、本当に素敵です。

健康祭でも、とてもかっこいい姿をお見せしますので、楽しみにしておいて下さいね (^^ )

「5月」

政近 彩


新年度を迎え、約1ヶ月半がたちました。

今年の3月に1年間を共に過ごしてきた30名の子ども達を小学校へと送り出しました。
元気に小学校に通っているかな、、、お友達は沢山できたかな、、、給食は沢山食べているかな、、、と毎日のように思います!!!!
白組さんとの1年間では、色々な事を子ども達から学ばせて頂きました。
お友達に対する優しい気持ち、諦めない気持ち、最後まで頑張る気持ちなどなど、、、。
幼い子どもながら、色々な事を学び吸収する子ども達の力に驚くばかりです。

今年も幼稚園生活最後を締め括る年長組という子ども達の担任をさせて頂く事となりました。
上手くいく時もあれば、壁にぶつかり悔しい思いをする時もあると思います。
そんな時にも、最後まで諦めずに頑張る気持ちを持って色々な事に挑戦して頂きたいな、、と思います。
そして子ども達と過ごす時間を大切に一人ひとりと向き合い、楽しい1年間を送らせて貰います!

『写真』

村橋 萌衣


新年おめでとうございます。

月日が経つのはあっという間で早くも3学期が始まりましたね。

はじめまして、ひまわり組の村橋 萌衣と申します。

衣笠幼稚園でひまわり組の担任を持たせて頂いて早くも10ヶ月目。

子ども達と共に笑って成長していく毎日です。

私にとって子ども達の可愛らしい表情、行動、言動すべてが宝物で、

「あ~お家の人に見せてあげたい!」と心の中で連呼する毎日です。(笑)

そんな日々の子ども達の様子を見ていただけるのがクラスの撮影写真ですね。

毎日見ている子ども達のお顔ですが、4月の頃の写真を見返すとまだまだ幼い顔つきで、

「いつの間にこんなにしっかりしたお顔にならはったのか」と成長を感じ、

これからがますます楽しみになります。

また、写真をみるとその時の情景を思い出したりもしますよね。

この時見せてくれたとびっきりの笑顔、キリッと真剣な眼差し、変顔、などなど、

見返しては1人「かわいいなぁ…」と声を漏らしてしまいます。(笑)

1年前の4月当初から成長され、キリッと少しお兄さんお姉さんになられたひまわり組さん。3ヶ月後にはみどり組さんですね。みどり組はあか組、あか組はしろ組、しろ組は1年生。寂しいような嬉しいようなそんな思いですが、残りの期間も1日1日を大切に、楽しく笑って子ども達と成長していきたいと思います。

『はじめまして』  

藤本 菜々美


 衣笠幼稚園の先生になって、8か月が経ちました。

はじめまして、ひまわり組の藤本 菜々美と申します。

実は、私は衣笠こども園の卒園児です!自分が過ごしてきた所に先生となって帰ってきて

土だった園庭が芝生に変わり、お部屋で食べていた給食がビュッフェに変わっていたりと驚く事がたくさんありました。

さて、だんだんクリスマスも近づいてきましたね!毎朝のバスの中やひまわり組の子ども達とお話をしていると、クリスマスプレゼントの話が出てきます。

「僕は、サンタさんにエグゼイトのお面貰う!」「私は、ピンク色の自転車!」とサンタさんに頼むものを教えてくださります。

そこで私も子ども達に「藤本先生もサンタさんからプレゼントほしいなぁ。サンタさんきてくれるかな?」と聞くと、「藤本先生は大人やからこおへんで!」「子どもだけ来るねん!」と言われてしまいました!(笑)大ブーイングを受けてしょんぼりしていると、白1組の

子どもが小さい声で「藤本先生もサンタさんに、お手紙かいたら来るかもしれんで?」と励ましてくださりました。衣笠幼稚園の子ども達は優しい心をもっているなぁと毎日一緒に過ごしていて感じる事ができます。先生が言わなくても、小さいお友達を助けている姿や、泣いているお友達に「もうな、泣かなくても大丈夫やで!」と声をかけている姿をみます。その心を大切に子どもたちと一緒に私も成長していきたいと思います!!

 最後になりますが、2学期も残りわずかとなりました。

気温も下がり寒い日が続いていますが、体調崩されないようお気をつけてくださいね。

3学期が始まって、子ども達のクリスマスのお話やお正月のお話を聞けるのが今からとっても楽しみです!楽しいクリスマス、お正月を過ごしてくださいね。

「学び」

速見 帆並


健康祭も終わり、だんだんと寒くなってきました。外を見れば木の葉が色をかえ紅葉も綺麗な季節になり、園バスに乗りながら景色を見て子どもたちとの会話を楽しんでいます。

はじめまして。速見帆並と申します。

園バスに乗っていると、

「ねぇ、見てみてあの葉っぱ!緑と赤になっているよ!」

「ほんまやぁ~ あっちのは 黄色と緑や~」という子どもたちの会話。秋になったのだなと感じながら外を見ているだけだった私に子ども達の会話は、葉っぱの色の変わっていく姿を教えてくれる一言でした。子どもたちの会話の中には、大人になった私には見つけることができない発見がたくさんつまっています。

 白組さんとキャッチボールをして遊んでいるときには、「ボールを投げるときは、相手の胸をねらって投げたらいいんや!!」というアドバイスをしてくれたりと、毎日子どもの会話から学ばされることが多いです。そんな子どもたちと一緒にこれからも成長していけたらと思っています。

体調を崩さないように気を付けてくださいね。

『なまえ』

安部なつみ


 ひまわり組が始まって、早6ヶ月!月日は早いもので、最初は大泣きだった子どもたちも、

今では衣笠山にどんぐり拾いに行くと、どんぐりの少ない子の分を一生懸命探してあげたり、

自分の袋から分けてあげたり…心も体もぐんぐん成長されています!

特に最近嬉しいのは、わたしの名前を覚えて、たくさんお話してくれることです。

『あめせんせー』『あぶせんせー』『あびせんせー』・・・・

なんでも可愛いのでオッケイです(笑)

わたしは幼稚園の頃から自己紹介をすると、

「モーニング娘の、あべなつみと同じ名前や!」と、言われるのが毎回の定番で、、、

「お母さんが、モーニング娘ファンなん?」など質問攻めにあってきたため(笑)

「なんでこの名前なんやろう?」と人一倍考えてきました(!?)

そんなせいか、子ども達の名前を見ると、どんな意味が込められているのかなぁと考えてしまいます♪

また、ご兄弟が産まれる!と、嬉しい報告を頂くと、どんな名前をつけられるのかなと勝手に楽しみにしています。

以前に名前は産まれて初めてのプレゼントと聞いたことがあります。

たくさんの想いが込められている大切なお名前。

「元気にお返事は~いはい」と、子どもたちの名前を呼べるのも、あと6ヶ月弱…ひまわり組も折り返し地点ですね。

子どもたちには、大好きなお友達の名前をたくさん覚えて、ニコニコで幼稚園に来てほしいな♪と思います!

急に寒くなったので、体調には気をつけてくださいね。

『2歳の息子』

森 智香


私には2歳8ヶ月の息子がいます。
イヤイヤ期真っ只中のゴンタ息子です。
普段、幼稚園で接しているお子さまに対しては、冷静に対応出来るのですが、我が子になるとそうもいきません。
些細な熱やケガでもあたふたしてしまい、イヤイヤ期も度が過ぎるとイライラが爆発してしまうことも。。。(笑)
我が子を通じて、保護者の皆様は、こんなことを感じたり考えたりなさってるんだなーと、逆に仕事にいかしたり出来てます。

一人っ子なので、どんな小さな思い出も忘れないように!と心して育児してますが、やっぱりすぐ忘れてしまします。
なので、私は思い出メモをつけています。

例えば言葉。喋り始めてから、どんどん言葉を吸収し、たくさん話せるようになりましたが、言い間違えも多く、それを楽しんでます!
今回は、その言い間違え特集を掲載してみようと思います!

二歳ごろ
「パパイ」←「おっぱい」
「プシューン」←「スプーン」
「バンジャー」←「ジャンパー」
「ちゃんまんま」←「パジャマ」
「おりおり」←「お料理」
「あっかたい」←「温かい」
「じゃんぶーぶー 」←「大丈夫」
二歳3ヶ月ごろ
「おせんかく」←「お洗濯」
「ちょこばい」←「こちょばい」
「長つる」←「長靴」
「ビオさん」←「ビデオ屋さん」
「じゃんぱーい」←「ばんざーい」
最近
「ぽっくぽーん」←「ポップコーン」
「ぱんかーい」←「乾杯」
「ありがとまいました」←「ありがとうございました」
「いたまきます」←「いただきます」
「ぐげんの彼方へ!社長!!」←「無限の彼方へ!さあ、行くぞー!!(トイ・ストーリーのバズライトイヤーのセリフ)」

ちゃんとした日本語を話す為に、言い間違えは訂正してやればいいのでしょうが、今しかない可愛い息子語を大切にしたいなーと私は思っています。
息子との小さな出来事、些細な思い出も、私にとっては、大切な宝物です。
大きく成長するのは嬉しいけど、何だか寂しいと感じます。それも含めて、受け止めて、私も一緒に成長出来たらと願っています。

そして、そんな経験を保育にもいかせたらと思ってます!!

『〇〇の秋』

田中 沙季


はじめまして。田中沙季と申します。

夏休みも終わり、9月に入りました。

月が変わった初日には、クラスの朝の会で日付を言うときに、

「もう9月だから秋だね!!」

という声があがりました。

とはいえ、まだまだセミの声が鳴りやまず、じりじりと暑い日が続いていますね。

私は季節の中で秋が1番好きなので、秋の匂いに変わる日を楽しみにしています。

秋は○○の秋

と、よく言われますが、みなさんは何を思い浮かべますか?

私にとっての秋は、

食欲の秋、読書の秋です。

美味しいものを沢山食べて、素敵な文章を沢山心に刻んで、心も身体も幸せ満タンな秋にしたいです。子どもたちとの“秋見つけ”も、今から楽しみです。

季節の変わり目なので、体調管理には気を付けて下さいね。

『夏休み』

藤井 美華


夏休みが終わり、2学期が始まりました!子ども達は夏休みの思い出をたくさんお話しして下さり、楽しい夏休みだったんだなー!!と感じています。また、子ども達同士でも自分の経験を話したり、お友達のお話を聞いたりと会話が盛り上がり、自分の経験を言葉にするってとても大切だなと改めて感じています。

さて!夏休みですが、私も旅行に行ってきました。私は旅行が大好きで休みがあれば友達や家族と旅行に行き、楽しんでいます!

今年は旅行先で海に入ったのですが、少しの時間だったので油断して日焼け止めを少しサボってしまい、体中真っ赤になりました!

何をするにも痛くて、少し残念な旅行になってしまいました。(笑)

みなさんも楽しい旅行では体調管理に気をつけて下さいね!!!(笑)

また、子ども達からの楽しいお話楽しみにしています!