先生からのちょっと聞いて


『良いこと探し』 

森智香


 
私には、もうすぐ五歳になる息子がいます。

ここでは、先生ですが、家に帰ったら、普通のお母さんです。

子どもが保育園から帰ってきたら、「今日、何かあった?」じゃなく、

「今日、何か良いことあった?」と聞くようにしています。

すると、子どもは、「今日、○○ちゃんと遊んで、優しくしてもらった!」とか、「今日、お庭で、すごい虫見つけたー」とか、教えてくれます。

「何かあった?」だと、つい嫌なこととか、悪いことを報告しがちです。

たまには、そんなことも報告してきますが、そこは軽めに流します。

(「○○くんが意地悪しはった」→「○○くんは、その時むしゃくしゃしてはったんかなー」とか「今日、ケンカしてん」→「こんな風に言うたら仲直り出来るんちゃう?」とか……)

悪いことを報告してきた時に過剰に反応すると、そんなことばっかり報告してきたり、そんなことばっかりに目が行くようになります。

なので、

「今日、良いことあった?」と聞き続けてると、良いことにフォーカス出来る子になります。

良いことを探していると、良いことをするようにもなります。

「今日の給食、カレーやった!」くらいの些細なことでも、「ええなぁー!!!」と大袈裟に子どもの良いことに共感するようにしています。

そしたら、「ママも、良いことあつた?」と聞いてくるようになりました。

「ママのランチは、ハンバーグやってんでー!」など、自分も良いこと探しを心がけるようになってきました。

嫌なことばっかり報告し合ってる親子より、良いことを探してる方がいいなーと思うので、

是非、『良いこと探し』、してみて下さい!楽しいですよ!!

『ごめんねの気持ち』

朴木涼子


初めての健康祭が終わり、さらにパワーアップしたつくし組で、最近きこえるようになった言葉があります。
それは「ごめんね」という一言。
たった一言ですが、認めたくなかったり、悲しかったり悔しかったり、いろんな気持ちに飲み込まれて、なかなか出せない一言です。
「悪いことをしたんだ」というイメージが強い言葉ですが、仲直りができたり、気持ちよく過ごせる、素敵な言葉だと思うんです!
言われたり言ったりする中で、少しずつその意味が分かって、上手に使えてきた子どもたち。
今では、わざとじゃなく、お友達にぶつかっちゃった時も、「あ、ごめんね。」「うんいいよ~!」というやり取りができるようになってきました。

でも時々、喧嘩をしてプンプンしていたのに、どちらも謝ることなく、仲直りをすることがあります。
お友達が謝れなくても、「もういいよ!」「○○してあそぼ」と許しちゃうことがあります。
言葉も大切だけど、きっと、表情やしぐさから、お友達の“ごめんねの気持ち”が伝わったんだなと思います。
形として目に見えないところも、たくましく成長しているみんなの姿が、誇らしく思う今日この頃です♡

「マイボトル」

草木 早知子


私はマイボトルを持ち歩いています。それは、エコロジーでもあり、エコノミーでもあるからです。

私は何本か水筒をもっていて、その中でもお気に入りのものは、ちょっと見たところ、牛乳瓶のように見える形をしているものです。
それを幼稚園に持っていって、子どもたちのまえで飲んでいると、必ずといっていいほど誰かが、「牛乳のんでるの?いいなぁ~」とわかっているのにいつも聞いてきます。
私が、「お茶だよ」と中を見せると、「ほんまや」といつものように。
このやりとりが楽しいです。そして、こんなやりとりにいつも癒されています。

子どもたちには、楽しみながら、エコに興味をもってくれたらいいなぁと思っています。

「できた!」

 平田 彩奈


夏休みが明け、パワーアップした子ども達。
毎日、健康祭の練習を頑張っています!!!
日々の練習の中で、昨日はできなかったことが今日できるようになったり、、、
それは運動面だけではなく、生活面でもみられます。
4月当初は一人では着替えられなかった制服も、自分でボタンのつけ外しができるようになったり、
体操服をズボンに入れられるようになったりと、できることが沢山増えましたね(*^^*)!
私が「できたね!すごいね!」と拍手をしていると、お友達も「すごいね!格好良い!」と一緒になって拍手をしてくれます。
そんな優しくて温かい子ども達が大好きです(*^^*)!
これからも毎日楽しく!笑顔をモットーに
子ども達と関わらせて頂きたいと思います。

お家でも子ども達の「できた!」を見つけた時には
沢山、褒めてあげて下さいね♡

「夏」

 梶谷 瞳


最近、急に暑くなってきましたね。
プール開きも始まり、子ども達は楽しそうに毎日を過ごしておられます!!
さて、もうすぐ夏休み!!
7月は、楽しい1ヶ月になりそうですね。
夏といえば、海、プール、花火など楽しい行事が盛りだくさん!!
私の夏はというと…私は実はとても汗かきです。
すごく暑くて、汗が流れ出るほどのときにふと、隣の人をみれば全然汗をかいていない。
それくらい汗かきなんです。
でも、夏は大好きです。
この夏も、花火、祗園祭、プールなど、夏らしいことを汗をいっぱいかきながら楽しみたいと思います。
夏祭りももうすぐなので、それも楽しみですね。
また、子ども達と夏の話をするのを楽しみにしています。

「白組」

 大塚 絵梨


新学期が始まって早4か月が過ぎ、あっという間に夏休みになろうとしています。
私は、今年度から白組の担任をさせて頂く事になり、また子ども達は赤組の時から見ていたので、
2年も一緒に過ごす事ができ、とても嬉しく思っています(^^)
毎日、お天気の良い日には、芝生でたくさん走ったり、ドッチボールをしたり、鉄棒で逆上がりの練習をしています。
鉄棒の逆上がりでは、毎日諦めずに練習する姿がとてもたくましく、そしてかっこいいです!
毎日練習している事で、足が高く上に上がるようになってきて、初めて出来た時は、一緒になって大喜びをし、
自信のついた顔になって、また何度も挑戦する姿がとても感動的です。
幼稚園生活最後の1年!!
一つ一つの活動を大切にし、思い出をたくさん作り、自信をつけて、元気いっぱい過ごしていきたいと思います!!

水遊びでの魔法の言葉 

  折坂 茜


 こんにちは。今年も猛暑日が続く日々が始まりましたね。
夏真っ盛り、今年の夏休みは皆さん、どこへお出かけの予定でしょうか?

わたしは夏が大好き!海が大好き!なので、お休みにダイビングへ行こうと計画をしています。
皆さんも海や川、プールへお出かけされるのではないでしょうか?

水遊びでは、お子様たちがに顔をつけることに挑戦される事がありますよね。
でも、口や鼻に水が入ってしまって「痛い…」となる事も多いのではないのでしょうか。

そんな時にいい言葉があります!顔を水に付ける前に「みかん」と言うと、自然と口が閉じ水を飲まずに済みますよ♪

幼稚園のプール遊びでも取り組んでいるので、ぜひ試してみてください。

「5月」 

  政近 彩


 ご進級、ご入園され、各クラスがスタートし、早いもので2カ月が経とうとしています。
4月は新しいクラスに「どきどき」と緊張した様子の子ども達も、少しずつ慣れ、
笑顔が沢山見られるようになってきました。
そして、待ちに待った「芝生」も青々と育ち、裸足で走り回る子ども達の様子が毎日見られます!!!
「ふわふわしてる~」「なんだかくすぐったい!」「雲に乗ってるみたい!」などと、
子ども達が発する言葉はとてもかわいらしく、心が温まりますね。
白組の子ども達も、お天気が良い日は裸足になり、追いかけっこやリレー、ボール当ておにごっこ、
ドッチボールなど身体を沢山動かしています!!
これから夏に向けてますます暑くなってきますが、暑さに負けず!
元気いっぱいに活動していきたいなと思います!!!

「 春から冬へ*・゜」

  加藤杏奈


こんにちは!白組の担任をもたせて頂きました加藤杏奈です。

4月からはまた再び北海道のこども園ソレイユに戻り、お仕事をします。
1年間の京都生活は私にとってかけがえのない宝物になりました。
環境の違いに戸惑うこともありましたが、子ども達からもらえるパワーや笑顔に助けられ、温かい保護者の方々に救われ、
素敵な先生方に励まされ…本当に来てよかった。と心から思いました。

距離は離れますが、心は繋がっているよ。笑って過ごそうね。また会おうね。と大好きな白組さんと約束しました。
また成長した皆さんに会えることを楽しみにしています。
ありがとうございました。

まだまだ寒い北海道へ戻ります!!

「幸せいっぱいのプレゼント」

 吉田 美玖


はじめまして。ひまわり組担任の吉田美玖です。
新しく衣笠幼稚園の先生になることができて、あと1ヶ月程で1年が経とうとしています。

子どもたちが、ふとした時に「先生、これあげる!」とプレゼントをくれます。
折り紙だったり、お手紙だったり、どれもとっても嬉しくて大切に持っています。
ある日、バスで子ども達とお話をしていると、「前あげた折り紙、もってるの?」と聞かれました。
なので、「もちろん!全部宝物だし大切に宝物いれにしまってるよ!」とお話をしました。
すると、「ほんとに!?」と、とても驚いた様子でした。
それから子ども達は、「これ、宝物いれにしまっといてや!」といってプレゼントをくれるようになりました。

今までは幼児さんからの宝物でいっぱいだった宝物いれが、お兄さんやお姉さんの真似をしてみたりして、
ひまわり組さんからのプレゼントも仲間入りをして、プレゼントを見返すと、「○○くん、こんなに折り紙が上手になったんだな」と、成長を感じます。

園では子ども達のニコニコの笑顔と元気に幸せをもらって、お家に帰ると、宝物いれをみて、毎日、嬉しい気持ちや幸せな気持ちでいっぱいです♪