先生からのちょっと聞いて


『良いこと探し』 

森智香


 
私には、もうすぐ五歳になる息子がいます。

ここでは、先生ですが、家に帰ったら、普通のお母さんです。

子どもが保育園から帰ってきたら、「今日、何かあった?」じゃなく、

「今日、何か良いことあった?」と聞くようにしています。

すると、子どもは、「今日、○○ちゃんと遊んで、優しくしてもらった!」とか、「今日、お庭で、すごい虫見つけたー」とか、教えてくれます。

「何かあった?」だと、つい嫌なこととか、悪いことを報告しがちです。

たまには、そんなことも報告してきますが、そこは軽めに流します。

(「○○くんが意地悪しはった」→「○○くんは、その時むしゃくしゃしてはったんかなー」とか「今日、ケンカしてん」→「こんな風に言うたら仲直り出来るんちゃう?」とか……)

悪いことを報告してきた時に過剰に反応すると、そんなことばっかり報告してきたり、そんなことばっかりに目が行くようになります。

なので、

「今日、良いことあった?」と聞き続けてると、良いことにフォーカス出来る子になります。

良いことを探していると、良いことをするようにもなります。

「今日の給食、カレーやった!」くらいの些細なことでも、「ええなぁー!!!」と大袈裟に子どもの良いことに共感するようにしています。

そしたら、「ママも、良いことあつた?」と聞いてくるようになりました。

「ママのランチは、ハンバーグやってんでー!」など、自分も良いこと探しを心がけるようになってきました。

嫌なことばっかり報告し合ってる親子より、良いことを探してる方がいいなーと思うので、

是非、『良いこと探し』、してみて下さい!楽しいですよ!!