先生からのちょっと聞いて


「幸せいっぱいのプレゼント」

 吉田 美玖


はじめまして。ひまわり組担任の吉田美玖です。
新しく衣笠幼稚園の先生になることができて、あと1ヶ月程で1年が経とうとしています。

子どもたちが、ふとした時に「先生、これあげる!」とプレゼントをくれます。
折り紙だったり、お手紙だったり、どれもとっても嬉しくて大切に持っています。
ある日、バスで子ども達とお話をしていると、「前あげた折り紙、もってるの?」と聞かれました。
なので、「もちろん!全部宝物だし大切に宝物いれにしまってるよ!」とお話をしました。
すると、「ほんとに!?」と、とても驚いた様子でした。
それから子ども達は、「これ、宝物いれにしまっといてや!」といってプレゼントをくれるようになりました。

今までは幼児さんからの宝物でいっぱいだった宝物いれが、お兄さんやお姉さんの真似をしてみたりして、
ひまわり組さんからのプレゼントも仲間入りをして、プレゼントを見返すと、「○○くん、こんなに折り紙が上手になったんだな」と、成長を感じます。

園では子ども達のニコニコの笑顔と元気に幸せをもらって、お家に帰ると、宝物いれをみて、毎日、嬉しい気持ちや幸せな気持ちでいっぱいです♪