先生からのちょっと聞いて


私は、4月から衣笠幼稚園の先生になりました。

梶谷瞳


昨年度までは衣笠こども園で子どもたちとたくさん遊んでいたのですが、今年度からは幼稚園の先生です。

不安はあったものの、これからどんなことがあるのだろうとワクワクしていました。

そして、ゆりぐみがスタート。

まだ、3ヶ月しか経っていないですが、子どもたち一人ひとりがかわいくて仕方ありません(^-^)

そんな子どもたちと今年度やりたいことがあります

それは、『季節を感じられることをたくさんする!!』です。

子どもの心ってすごくきれいなものなんです。

例えば、雨が降っていたら、私達大人は、雨に濡れるし嫌だなーという気持ちになりますよね。

けれど、子どもは、『葉っぱが雨食べてるね』、『神様が泣いてる』って、いうような発想になるんです。

こんなことを思えるって素敵ですよね。

大人が憂鬱なことも、子どもは、楽しくしてしまうんです。

私は、まだ、幼稚園にきて3ヶ月ですが、こんな素敵な子どもたちと過ごせてすごく楽しいです。

これまでに、トマトの観察をしたり、氷を部屋の中、戸外においてどっちが先に、どれくらいで溶けるのかという実験をしてみたり、アリを部屋に解き放ち、蟻の行くままについていったりしました。

色んな感想、考えが次々とでてきましたよ。

こんな感じで、日々の中で季節を感じられることをたくさんしていきたいと思っています。

これから、どんな楽しいことが待っているか、もうすでに、ワクワクしています。

みなさんも、子どもたちの一言一言に耳を傾けてみてくださいね。