先生からのちょっと聞いて


「諦めない気持ち」

大塚 絵梨


進級されて、もう3か月が経ちました。

ついこの間、赤組さんになったと思ったら、もうあと1か月で夏休みです!

月日が過ぎるのは、本当に早いですね。

今の赤組さんの半分の子どもたちとは、ひまわり組の時も一緒に過ごさせてもらい、ひまわり組さんの時とは違い、お兄ちゃん・お姉ちゃんという意識が強くなり、小さなお友だちの手を取ってあげ、助けてあげている姿をよく見るようになりました。

とても頼もしくなったなと日々感じています(^^)

そして、5月からは、ずっと憧れていた鍵盤ハーモニカが始まり、音を出すたびに、「うわ~☆」とキラキラした笑顔で吹いている姿を見ると、こちらまで嬉しい気持ちになります。始めは、指を上手に動かすことに苦戦していた子どもたちですが、毎日諦めずに練習をしていると、だんだん上手に指が動くようになってきて、いろいろなことを吹けるようになっていくと、「もっとやりたーい!」という嬉しい声が飛び交うようになりました。これからもいろいろなメロディを吹いて、楽しく鍵盤ハーモニカをやっていきたいと思います♪

また、外遊びでは、のぼり棒にも挑戦しています!!白組のお兄ちゃんやお姉ちゃんから登るコツを教えてもらいながら、日々頑張って練習しています(^^)

「できるかな~・・・」と不安な思いを持ちながらも、何回も何回も練習して、目標のところまでいけたときの子どもたちの笑顔は、本当に素敵で、すごく感動しました!

そして、登れた時は、ギューっとハグをして一緒に喜んでいます!!!

「できないかもしれない」という気持ちを持つのではなく、「絶対できるぞ!」「諦めない!」という気持ち持っていくことが大切だなと感じました!

この1年で、「諦めなかったら、できるんだ!」ということを伝えながら、子どもたちと過ごしていきたいと思います☆