先生からのちょっと聞いて


最後の遠足、左大文字

加藤智子


本日、白組と、左大文字に登ってきました。
「幼稚園最後の遠足、白組しか登れない山なんだよ」と先生に聞き、気合の入った様子でした。
幼稚園の坂を下り、きぬかけの路を2列に並んで歩き、山の入り口に到着。
「おなかすいたー」「あとどれくらい?」と弱気な発言もありましたが、誰一人くじける事無く、頂上まで登りきりました。
到着後は、保育園のふじ組さんに声をかけ、お名前を聞いてお友達づくり。はにかみながらも嬉しそうに一緒に遊ぶ姿が見られましたよ。
大きくなった体で、たくましく登る姿を見ながら、入園した頃の大きな制服姿、緑組の頃の「えーん」と泣く悲しい表情、お友達とぶつかってしまった時の事、振り返って懐かしく思い出していました。
その裏側で、「この子達とは、あと数日しか過ごせないんだ」という寂しい気持ちがこみ上げてきて、なんとも言えない気持ちになりながら、遠足が終了しました。
大切な大切な3年間を共に過ごせたことを感謝して、あと数日の日々を一緒に過ごし
卒園式を迎えたいと思います。