先生からのちょっと聞いて


「まね 真似 まねっこ!!」

原口朋美


ずいぶん前になってしまいましたが、サッカーアジアカップは残念な結果でした・・・

運動神経が無いんじゃないかと思うくらい運動おんちな私ですが、サッカー日本代表の試合が大好きなんです。それぞれが、プライドを持ち、仲間の力も見抜き、信じ、自分も主張し、チームプレーも大切にする姿に魅かれてしまいます。
それに加え、日本代表に送る熱い実況も大好きなんです。その中で、サッカー好きな子ども達に「とにかく、好きな選手の真似をする!まずは真似をして、技を盗む。そこから自分のプレーが生まれる!!」と熱いメッセージがありました。
今私が0、1、2歳児さんの保育する中で、あらためて大切だな~と感じていた事と同じでした。
どんな遊びも、体操も、手遊びもまずは『まねっこ』してもらえるように、楽しさを伝えたいと思っています。ひまわり組では、お箸の持ち方も、折り紙や制作も全て、「まねっこしたい!」と思える気持ちを育てる事が大切だと感じています。それには・・・真似してあげる事も大切だと思います。赤ちゃんのころから「あ~う~」と声をだしたら、「あ~う~上手だね」といっぱい真似してあげる事で、赤ちゃんも嬉しくなって、またやってみる。その繰り返しで、お母さんの「ママって言って~」などの声掛けも真似してくれるようになるんですよね。
年齢が上がってくると、ついつい あれして!これして! の連続になりがちです。
ちょっと振り返って、お子さまの今好きな事、楽しいと思っている事を、ちょっと真似して一緒に楽しんであげて欲しいと思います。
お子さまも、また「真似してみたい」「やってみたい」「挑戦してみたい」と意欲につながる力が大きくなるはずです!!
息子も大好きなサッカー選手ネイマールの真似ばっかりしています。練習も髪型も!!

私も時々ボールの蹴り方を教えてもらっています。「ママはヘタくそやな~」と嬉しそうに
言っています・・・ いっぱい真似してガンバレ~!!