先生からのちょっと聞いて


「おさんぽ」

木戸 香


2学期の後半から、ひまわり組の子どもたちと、お散歩に出かけています。

目的地は立命館大学☆

大学の敷地内には、小さな池があり鯉がいます。

その鯉に、会いにいく子どもたちの顔は期待でいっぱい。

「しぃーだよ。」「しぃーしないと、こいさんにげちゃうから。」と、

人差し指を口にあてて、お友だち同士でこそこそとお話ししている子どもたち、とってもかわいいんですよ。

真っ赤に染まった紅葉の木を見て「きれい!」と感動したり、

強い風には、「うわぁ~!」と驚いたりと、

お散歩をするとたくさんの発見と驚きがあり、とても楽しいですね。

大学の敷地内をぐるりと回り、最後のお楽しみとして、みんなで芝生を思いっきり走ります。

「きどせんせいのところまで~よぉいドン!」というと、「きゃぁ~!」と元気いっぱい飛び込んできてくれます。

1人ひとりのとびきりの笑顔は、冬の寒さを吹き飛ばしてしまうくらい、キラキラ輝いているんですよ☆

そんな子どもたちとのお散歩が、私は本当に大好きです。

今年も残りわずか、寒い日は続いていますが、

素敵な年が迎えられるよう、子どもたちと一緒に元気いっぱい、毎日を大切に過ごしていきます☆彡